室内飼いでも危険|猫の体に寄生したノミ・ダニはフィプロフォートプラスでキレイに駆除

猫の体に寄生したノミ・ダニはフィプロフォートプラスでキレイに駆除

室内飼いでも危険

ピンクの薬

昔は家の中と外を自由に行き来している飼い猫が多くいました。
しかし、最近では完全に室内飼いとなっている猫が増えました。
外に出ることでストレスを解消させている猫も多かったのですが、最近では自宅でも猫がストレスを発散できるグッズが多数開発されており、室内で飼われていても猫たちは自由に遊び回れるのです。
また、外に出ないことで、思わぬケガを負ったり、菌を持って帰ってくることもなくなりました。
年々飼い猫の寿命が伸びているのもこのおかげでしょう。

しかし、室内で猫を飼っているからといって安心はできません。
室内にも危険が潜んでおり、その代表的存在がノミやダニといった害虫なのです。
外からノミやダニを持って帰ってくることも多いですが、室内であってもこれらの害虫は湧いてきます。
そこで体に付着されてしまうと、痒みや炎症などの症状を引き起こしてしまう危険があります。
仮に痒みだけで済んだとしても、猫たちにとっては精神的負担として大きくのしかかります。
愛猫たちが長く苦しまなくてもいいよう、万が一の事態に備えてフィプロフォートプラスを事前に準備しておくといいでしょう。

現在猫用の害虫駆除薬はいくつも開発されているため、フィプロフォートプラスしか選択肢がないというわけではありません。
しかし、その中からあえてフィプロフォートプラスを紹介するのは、当然他と比べて優れた点があるからです。
そこで、次の頁ではフィプロフォートプラスがどのような医薬品なのかを見ていきましょう。